利休の取っ手

我が家の取っ手です。


e0029115_09041628.jpg


林さんという気のいい親方がやっている建具屋で、足元に転がっていた杉の木っ端を拾い、
これで、こんな風に造ってほしいと手書きで絵を描いた結果、この取っ手が誕生しました。

実にシンプル。しかも無骨に大きいのでつかみやすい。

引き戸には杉の突き板を貼っており、水性塗料で白く塗っているので
取っ手も同じ塗料で塗りました。


5、6年使いこなした手垢の跡は、生活の証です。
止め方は、インパクト(機械のドリル)でネジを回転させながら打ち込んだだけ。
やや深く打ち込み、空いた隙間に円型の木を埋めて、上から塗料を一塗り。


利休は、竹をサッと切って、そこに花を生けました。
おそらく、竹が利休を呼んだのでしょう。
大げさかもしれませんが、多分、そんな感覚で、私も木っ端だらけの作業場の
床に転がっていた杉に呼ばれたような気がします。


そこで、何が言いたいのかというと、既成概念に囚われる必要はないということ。
もし家づくりの現場で、部材選びに窮したら、
コロンブスの卵と同じように、利休の取っ手という言葉を思い出してください。

桑原あきら


● 戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーション、クリニック、shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせください029.gif
 0120-2610-83
 coa@protohouse.net

e0029115_1535225.jpg











●「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで


e0029115_1450240.jpg






● 「オルガンハウスの小さな奇跡」(桑原あきら著)☆
アマゾンサイトでのご購入はこちらまで  

[PR]
by norikon23 | 2016-09-08 09:04 | インクルーシブデザイン


<< クリニックのプロジェクトがスタ... ライフスタイルが見えない① >>