一瞬のひらめきが生まれる時

クリエイティブなお仕事をされている建主様へのプレゼンテーション。

建築家のOさんが提案したのは、いくつかの情報から想定して

いたプランとは全く異なる方向性を持ったものでした。


e0029115_18013686.jpg


しかしそれが実に上手く建主様のご要望を網羅していて、

空間プランニングも抜群だったのです。直感で私たちが感じた

のは『図面の線が濃い!』という感覚。


ユニークな建築物を設計する建築家との間ではしばしば起こる

ことなので要注意ポイントですが、

そんな建築家たちの図面ほど「線が薄い!」と

感じることが多いのです。


なぜ「線が薄い!」のか? それはたぶん(私たちの経験から

想像するに100%に近く間違いなく)〝まだ考えが定まって

いないから〟なのです。

ところが今回のプランはユニークにして『線が濃い!』

つまり食器や靴の収納という細部に至るまで、現実的に想像

して図面化されているのでした。


その図面を見て、「ウ~ン」と感心された建主さんの頭の中で

何かが弾けたご様子。ご自身のクリエイティブセンスを自然に

働かせながら、窓や屋根の形状、壁の高さに反応したさらなるご要望の

言葉が口からこぼれ出していきます。


〝一瞬のひらめき〟が、しかも連続して生まれているご様子!


一瞬のひらめきは、イメージのバトンを渡されたような感覚を引き起こし

どこか遠い場所が目に浮かんだり、ざわめきにも似た何かが

スタートする予感が生まれたりして、カラフルな目眩を伴いながら

次から次へとイメージが繋がっていく感覚に満たされています。


その場に立ち会った私たちの頭の中にも、建主さんたちの新しい

暮らしのイメージが次々に浮かんできます。


迷ったら、〝ひらめきを感じる〟方を選ぶ!

それが豊かなライフスタイルを実現するコツだと思います。



● 戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーション、クリニック、shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問  い合わせください029.gif
  0120-2610-83
  coa@protohouse.net

e0029115_1535225.jpg
●「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで





e0029115_1450240.jpg
● 「オルガンハウスの小さな奇跡」(桑原あきら著)☆
アマゾンサイトでのご購入はこちらまで  
                 



[PR]
by norikon23 | 2016-09-27 18:04 | 進行中の家づくり


<< 「施主の心得」 佐世保の平屋 黒い外壁の家 >>