薪ストーブのある家っていいですね〜!

冬になると話題にあがるのが薪ストーブ。
テレビ番組でもよく登場しています。

こちらのお宅もそんな薪ストーブのある家。
お引き渡し後、なかなか伺えていなかったのですが、「家の写真を送りますね〜」
とメールをいただきました。

e0029115_17225813.jpg

なんと素敵な木の家でしょう!全体に木を使ってあるのは、郊外の敷地ならでは
の感じです。この木、秋田アカスギです。

e0029115_17231166.jpg

玄関横の薪置きスペース。
絵になります。

e0029115_17232222.jpg

薪ストーブは土間へ。これ、定番といってもいいくらい!
土間は南向きに配置していますから、入ってくる陽光を蓄熱する効果も期待できます。

e0029115_17233821.jpg

キッチンも造作で造りました。
背後の壁面には〝見せる収納〟。素敵な暮らしが垣間見えるようです。

それにしても送られてきた写真、上手いですね〜! って、
実は建主さんのお仕事はカメラマンなのです。 さすがですね!

近いうちにフラ〜っと遊びに行かせていただきます。

寒い季節の薪ストーブ。
イメージだけで実際には取り扱いや薪の調達が大変なのでしょう? と
よく質問を受けるのですが、そんなご質問をいただいた時には「その通り
です」とまずはお答えしています。そしてそれから、じっくりと薪ストー
ブの良さをお伝えしていきます。
そのポイントは4つです。
①火の温もりは特別で、実際に体が温まる以上に心も癒される。
②木質バイオマスなのでCO2発生ゼロカウントのエコ暖房。
③クッキングにも使える! ピザとか最高!
④災害でインフラがストップした時にもアナログなので使える。
逆にデメリットは次の3つです。
①薪の調達が大変。買うとお金がかかるし薪割りすると面倒。
②煙に関する近所からのクレームが出る可能性あり。
③火を点けたり消したリが面倒。

このデメリットのうち、①と③をメリットに変える〝考え方のシフト〟ができる
人が、実際には薪ストーブを採用するケースが多いようです。
①薪を集めるための薪人脈ができたり、薪割りで体力アップ、家族のコミュニケー
ションアップができる!
③慣れると簡単。家族の役割分担ができる。アナログが楽しい。多少面倒な方が自
然で人間にとっても良いのだ。

そして、②に関しては、田舎だから問題ないとか、反対されても〝エコに生きる権
利〟として決行する! というご意見も。
要は、どんなライフスタイルを実現したいのか! その一言に尽きるようです。



[メールでのお問い合せは]

coa@protohouse.net

[『家づくりガイド』がもらえる〝家づくり相性診断〟は]

家づくり相性診断


● 戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーションなどの家づくり、クリニック、
  shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせください029.gif

  0120-2610-83
  coa@protohouse.net



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 住まいブログへ


e0029115_1535225.jpg











「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで

51AOhVlD9eL._SX350_BO1,204,203,200_













インクルーシブデザイン/社会の課題を解決する参加型デザイン
(桑原あきら/共著)

発行/学芸出版社 価格/2,300円+税

Amazon.co.jpにてご注文いただけます

誰かのためのデザインから、誰もが参加できるデザインへ。

子ども、高齢者、障がい者などマイノリティだと考えられてきたユーザーをデザインプロセスに積極的に巻き込み、課題の気づきからアイデアを形にし、普遍的なデザインを導く「インクルーシブデザイン」。
これからの「ものづくり」と「デザイン」の実践例を多数収録。
デザイナー、エンジニア、建築家、プロダクトメーカー、必読です!



[PR]
by norikon23 | 2016-12-16 07:00 | 住まい訪問


<< 最後の打ち合わせは、カーテンコ... 『東京脱出計画 TO プロジェ... >>