広い部屋が欲しいのでしょうか? それとも広々とした空間でしょうか?

本当に手に入れたいのは、自分が求めるサイズにぴったりな場所です。

家づくりではいつも、建物の広さやボリュームがコストに直結します。

その結果、本当は採用したい温熱システムや自然素材などを、思った

ように実現できないのが、ほとんどなのです。

そこで考えたのが、チェアハウスという新しいモデルプランです。

コンパクトだけれど、2階はなんと広々の18畳。

しかも寝室を〝平屋のように〟1階に配置。

コンパクトだから、自然素材や温熱システムにもこだわりが持てます。

e0029115_14170358.jpg

いろんな敷地に対応できるように、プランにもバリエーションを設けています。

それに薪ストーブを標準仕様にできないか? これはデザイナーの希望です!

e0029115_14171538.jpg

この秋までにはモデルハウスもオープン予定。

詳しいご案内はフォレストバーンのホームページでご覧ください。


[メールでのお問い合せは]

coa@protohouse.net

[『家づくりガイド』がもらえる〝家づくり相性診断〟は]

家づくり相性診断


● 戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーションなどの家づくり、クリニック、
  shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせください029.gif

  0120-2610-83
  coa@protohouse.net



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 住まいブログへ


e0029115_1535225.jpg











「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで

51AOhVlD9eL._SX350_BO1,204,203,200_












インクルーシブデザイン/社会の課題を解決する参加型デザイン
(桑原あきら/共著)

発行/学芸出版社 価格/2,300円+税

Amazon.co.jpにてご注文いただけます

誰かのためのデザインから、誰もが参加できるデザインへ。

子ども、高齢者、障がい者などマイノリティだと考えられてきたユーザーをデザインプロセスに積極的に巻き込み、課題の気づきからアイデアを形にし、普遍的なデザインを導く「インクルーシブデザイン」。
これからの「ものづくり」と「デザイン」の実践例を多数収録。
デザイナー、エンジニア、建築家、プロダクトメーカー、必読です!




[PR]
by norikon23 | 2017-03-28 14:22 | プロジェクト


<< 「海辺のmusic house... ただ今進行中「農園と野菜動線の... >>