調和とは、足し算+引き算です。

赤坂けやき通りで進行中の蕎麦の店がデザインフィックス中です。

e0029115_17034166.jpg

建物のデザインに対するご要望は、いつも足し算からスタートします。クライアントは、いろんな思いを空間に注ぎがちなのです。

まずはそれを足していって、一つの形を見せ、矛盾する点やよりコンセプトに沿った見せ方を共に考えて要素を絞り込んで行く引き算のプロセスを経てみんなの思いを調和させていくのが、デザインの仕事です。

e0029115_17041286.jpg

この日は、美味しいお蕎麦をいただきながら、実際に店頭に置かれる狛犬などを拝見しつつ、平面プランの詰めと、外観の方向性を絞り込みました。

初代と二代目の思いが目標に向かって重なるように、足し算と引き算を繰り返しながら、一つ一つ駒を進めていきます。

多様性に満ちた美味しい蕎麦料理の数々。
ごちそうさまでした&ありがとうございました112.png

お問合せはプロトハウスまで029.gif
  0120-2610-83
  coa@protohouse.net


[メールでのお問い合せは]

coa@protohouse.net

[『家づくりガイド』がもらえる〝家づくり相性診断〟は]

家づくり相性診断


● 戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーションなどの家づくり、クリニック、
  shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせください029.gif

  0120-2610-83
  coa@protohouse.net



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 住まいブログへ


e0029115_1535225.jpg












「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで

51AOhVlD9eL._SX350_BO1,204,203,200_






インクルーシブデザイン/社会の課題を解決する参加型デザイン
(桑原あきら/共著)

発行/学芸出版社 価格/2,300円+税

Amazon.co.jpにてご注文いただけます

誰かのためのデザインから、誰もが参加できるデザインへ。

子ども、高齢者、障がい者などマイノリティだと考えられてきたユーザーをデザインプロセスに積極的に巻き込み、課題の気づきからアイデアを形にし、普遍的なデザインを導く「インクルーシブデザイン」。
これからの「ものづくり」と「デザイン」の実践例を多数収録。
デザイナー、エンジニア、建築家、プロダクトメーカー、必読です!






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by norikon23 | 2018-02-05 07:00 | プロジェクト


<< マンションリフォームのお引渡し... チェアハウスの格子がいい感じです! >>