「ほっ」と。キャンペーン

タグ:福岡市 ( 3 ) タグの人気記事

田舎に暮らそう①

地方暮らしを特集する雑誌の企画では、必ずと言ってもいいくらい登場するエリア。
ここは、移住先として大変人気があるのです。

e0029115_17454199.jpg

この写真はその中でも最近特に人気のある場所の1カット。
JRの急行が停車する駅があって、〝法律的な意味で〟割と土地を購入しやすいのです。


ここはは福岡市の中心地である天神からも車で30分〜40分の近距離であるにも
かかわらず海も山も揃っている、東京なら『鎌倉+房総』的な魅力を
内包した自然派生活エリアです。
ただし、乱開発が行われないように、ほとんどの地区で線引きが終わっています。
つまり、この土地いいなあ〜と思っても実際には家を建てることができない土地が多いのです。
しかし、この写真の場所は未線引き地区で、宅地に転用できる農地も残っています。

ここで計画中のプロジェクトの建主さんは、自然農に取り組みたいという方で、
周りの自然を壊すような家づくりはしたくない、できれば農地を畑として使わせてもらい
家はそれほど広い場所を取らなくてよいというお考えでした。
めざしたいライフスタイルが明快なのですね。応援しがいがあるほど、私たちもワクワクしてきます。

候補地として上がったのが数百坪の農地でした。
ところが色々と調べていくと、農家ではない一般の人が購入できる農地(農地転用を経た)って
150坪程度だということが解ってきました。それで、万事休す! かと思いきや、
詳しい人のアドバイスがあって、もし数百坪程度でもその土地を〝万遍なく〟活用する
ような申請を出せば、農地転用になるケースが増えてきているというのです。

行政も生活者のニーズを理解しつつあるのかもしれません。

農地転用には、農振除外、農地転用というステップがあり、それぞれ申請書を提出する
必要があります。密度の濃い農業振興地区であれば、農地として保存する必要があるので
第1種農地として守られるのです。既に家が建っている地域で都市とのバランスを考えた場合、
そこに家が建つことを許容される地区であれば、上記のステップを経て宅地へと変えることができます。

田舎で暮らすには、それなりの知恵が必要です。
そこで、(農家というスタイルではなく)体にやさしい食物を自給自足しながら
心地いい家を建てて暮らしたいという要望を実現するにも、知恵が必要だったのです。
※農家になるには(つまり新規就農するには)別の意味で凄い覚悟と事前準備が必要です!

私たちはチームを結成して、広い土地を〝万遍なく〟活用するプランニングを
行っている最中です。
その配置計画を含む幾つかの資料を提出して農地転用の答えが出るのが来春。
さすがにすぐに答えが出ないのがお役所ですが、逆を言えば、それくらい慎重に進めないと
大切な農地を守ることはできないのかもしれません。

田舎で自分のライフスタイルを実現するということ。
それは素晴らしくも、パワーの要る取組みです。

e0029115_18225449.jpg


●戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーション、クリニック、shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせくださいemoticon-0128-hi.gif
 0120-2610-83
 coa@protohouse.net

e0029115_1535225.jpg











●「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで


e0029115_1450240.jpg






●「オルガンハウスの小さな奇跡」(桑原あきら著)☆
アマゾンサイトでのご購入はこちらまで  











[PR]
by norikon23 | 2016-09-12 08:00 | 進行中の家づくり

「森のガーデン」工事中

軽井沢の「森のガーデン」がただ今工事中です。

e0029115_17170518.jpg


軽井沢は夏の避暑シーズンには工事がすべてストップしてしまうので
春に始めた工事がしばらくお休みになっていたのです。
それがリスタートしたというわけです。


e0029115_17182043.jpg


細かく打合せをして図面はばっちり出来ています。
さあ、どんな「森のガーデン」が完成するのでしょう?

フォレストバーンFLATとそれを包み込む「森のガーデン」の完成見学会は
今のところ、11月初旬に開催を予定しています。

乞うご期待にてお待ちください!

●「Forest barn軽井沢の家」 
  設計坪井当貴 
  施工ハシバテクノス
  ガーデンデザイン溝口朋子
  コーディネートプロトハウス事務局
  


●戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーション、クリニック、shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせくださいemoticon-0128-hi.gif
 0120-2610-83
 coa@protohouse.net

e0029115_1535225.jpg











●「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで


e0029115_1450240.jpg






●「オルガンハウスの小さな奇跡」(桑原あきら著)☆
アマゾンサイトでのご購入はこちらまで  



[PR]
by norikon23 | 2016-09-11 08:00 | 家づくりやリフォームのご相談

『ケヤキ大黒柱のモダンハウス』の棟上げでした。

酷暑が続いた夏休みの終わり、目出たく棟上げ式を行いました。

38度の外気温が数度下がっただけで、何となく秋を感じる真っ青の晴天。

いつもは雨男の建築家ですが、この日ばかりは天候が勝っていたようです。
e0029115_14102742.jpg

新しい住宅地だからなのか、夕方近くになると自転車に乗った子どもたち

がドドド−と集まってきました。
e0029115_14295839.jpg

お供え物の準備完了!

どこかしら長閑なこの風景はいつ見ても良いものです。

この供え物の前で棟梁が祝詞を唱え、上棟式を執り行い、

その後、恒例の『博多祝いめでた』を全員で歌いました。

で、この日は、3番の歌詞を建主のN様が歌われたのです。

子どもたち、大喜び! きっと、記憶に焼きついたことでしょう。
e0029115_14303351.jpg

このケヤキの大黒柱がこの家の主人公。

何寸? すみません、感動のあまり、計り忘れました。

あの倉庫の奥に何十年も眠ったいたケヤキの大木がついに自分の役割に出会ったのです!

建主さんのご実家が材木会社ということでこの柱や玄関扉、枠材などを

上質な木で造ることができました! 感謝感謝です。
e0029115_14310159.jpg

いよいよ餅投げのスタート。

右上の3つの白い点々。UFOではありません。

青空に白い餅が弧を描いて飛んでいくまさにその瞬間画像です。

ここでもN様、お子さんたちを従えて大活躍でした。


まだまだ残暑厳しい中での青空上棟式。

こんな幸福な時間の中で、この町の皆さまへのN家のお披露目が無事終了となりました。


●「ケヤキ大黒柱の家」
  設計/福田哲也(いつもは間違いなく雨男です)
  施工/筑羽工務店(工務店社長の笑顔が晴天を呼んだのかも?)
  コーディネート/プロトハウス事務局


● 戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーション、クリニック、shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせくださいemoticon-0128-hi.gif
 0120-2610-83
 coa@protohouse.net

e0029115_1535225.jpg











●「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで


e0029115_1450240.jpg






● 「オルガンハウスの小さな奇跡」(桑原あきら著)☆
アマゾンサイトでのご購入はこちらまで  
                 

[PR]
by norikon23 | 2016-09-06 14:31 | 進行中の家づくり