「キウイ畑を望むみかんhouse」

「キウイ畑を望むみかんhouse」(福岡県みやま市)の完成ご案内です。

e0029115_09224859.jpg

コンパクトながら南北にオープンな空間は、
心も体も開放的にしてくれる癒しの住まい!
そんな「キウイ畑を望むみかんhouse」です。

現地は、日本の国土の約7割を占めるという中山間地域の一つ。
この中山間地域における農業は、全国の耕地面積の約4割、総農家数の約4割を占めるなど、日本の農業の中で重要なポジショニングを占めるのだそうです。

e0029115_09223710.jpg


そして、建主さんはまさにこのエリアの主役とも言える農業に従事される若いご夫婦でした。
その上、昔ながらの石垣の上に細長くのびる敷地に三世代が同居するというある意味での大家族。しかしプライバシーは欲しいし、繋がりも残したいというご要望に
お応えするために生まれたのが、母屋と農業用倉庫の間の東西に伸びる狭小地を上手く活用した住まいだったのです。

広大な山間地の中の狭小住宅。
なんとも面白く素敵な空間が誕生しました。

南北にオープンな住まい!
それは南側のリビングコーナーと北側のダイニングコーナーにそれぞれ気持ちのいい開口部を設けた住まいです。

e0029115_09221621.jpg
e0029115_09220747.jpg
e0029115_09222797.jpg

ダイニングの窓の外に設けたバルコニーは当初からご主人が求めていた喫煙&リラックスの居場所。なんと、夏になると近くの小川で飛ぶ蛍の光も楽しむことができるそうです。

e0029115_09231020.jpg

コンパクトな空間なので、通路をうまく活用して
キッチンを設けたのも既成概念を覆した自由な発想によるもの。
家づくりはどうしても発想の袋小路に陥りがちですが、
明るく広い場所に出て未来を見渡すことのできる広場思考で、今までにない楽しくアクティブなキッチンが誕生したのです。

母屋口に設けた玄関の先には1階の土間が見えています。ここも「ドアを開けたら開放感!」という空間プランになっています。

e0029115_09225892.jpg

新しい暮らしのスタートです 、おめでとうご♪

「キウイ畑を望むみかんhouse」

設計:小林哲治+片岡佳苗/人の力設計室
施工:平田住宅
コーディネート:プロトハウス事務局

お問合せはプロトハウスまで029.gif
  
  0120-2610-83
  coa@protohouse.net


[メールでのお問い合せは]

coa@protohouse.net

[『家づくりガイド』がもらえる〝家づくり相性診断〟は]

家づくり相性診断


● 戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーションなどの家づくり、クリニック、
  shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせください029.gif

  0120-2610-83
  coa@protohouse.net



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 住まいブログへ


e0029115_1535225.jpg












「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで

51AOhVlD9eL._SX350_BO1,204,203,200_








インクルーシブデザイン/社会の課題を解決する参加型デザイン
(桑原あきら/共著)

発行/学芸出版社 価格/2,300円+税

Amazon.co.jpにてご注文いただけます

誰かのためのデザインから、誰もが参加できるデザインへ。

子ども、高齢者、障がい者などマイノリティだと考えられてきたユーザーをデザインプロセスに積極的に巻き込み、課題の気づきからアイデアを形にし、普遍的なデザインを導く「インクルーシブデザイン」。
これからの「ものづくり」と「デザイン」の実践例を多数収録。
デザイナー、エンジニア、建築家、プロダクトメーカー、必読です!


[PR]
by norikon23 | 2018-10-22 09:43 | 完成プロトハウスの家


<< 11月11日は何の日でしょう? ライブ&イメージフィルム発表会... >>