人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

プロトハウス通信〜住まいは生き方

プロトハウス事務局からの日々の通信です。 


by protohouse
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ハーフビルドの家づくり

 現地に着くと、二つのツナギ姿が出迎えてくれた。あれが噂に聞いていた若きファーマーかと思いながら車を敷地に乗り入れ、草いきれムンムンの現場に降り立つと、見慣れた笑顔がそこにあった。建主のHさんと、工務店の現場監督ウーちゃんだった。二人ともツナギだったので、離れた場所からだとウーちゃんとはわからなかったのだ。

ハーフビルドの家づくり_e0029115_10524193.jpg


 草ぼうぼうだった現場はきれいに刈りとられ、刈られた草の残骸やハラハラと落ちてくるいろんな葉っぱたちの上を歩いて古家に近づいていくと、大地の柔らかな感触が足裏から全身に登ってきた。


「マイ草刈りです」と、土間に置かれた細長い機械を指してHさんが言った。

ひび割れた土間には蚊取り線香が置いてあって、静かに煙が流れ出ていた。


「やっぱり随分と傾いてますね」と土間に立った僕が室内を見回して言うと、

「家財道具が入っていたときにはあんまり目立たなかったんだけど、何もなくなるとすんごい傾いているのがわかって・・・」

 

Hさんは古家付きのこの土地を買おうとしていたが、念の為にと診てもらった家屋調査士に「これだけ傾いていたらリノベーションも不可能だと思います」と指摘され、一旦は購入を思いとどまった。簡単なリフォームをするだけで住めるようになると考えていたので、その分の資金しか考えの中にはなく、どうしたものかと途方に暮れたのだ。

「この中に居ると目が回ってくるんですよ」とHさんは笑いながら言うと「でも下だけ見てると大丈夫だから」と言葉を続け、僕らは傾いた古家の、たぶん客間だった場所に下を向いて座り込み、これからの仕事の進め方を話し合った。


 畳がはがされた床板の上には建具が山積みにされていて、窓だった場所には外の景色しか覗いていなくて、風が抜け、猛暑なのに涼しかった。

 概算工事費の説明をするウーちゃんの横から僕が言葉をはさみ、キッチンにはこだわりがあることを伝え、浴室とトイレ、それに床や壁、天井の材料を何にすれば素人でも内装を仕上げることができるのかというアドバイスをもらい、その手配までも含んで再度見積もりをお願いしたいということなどを話した。

 

ハーフビルドの家づくりは初めての経験なので、打ち合わせも手探りしながら進んでいく。

「実はダイニングテーブルをお隣の蔵に置かせてもらっているんですけど、見ますか?」とHさんが言うので、みんなで歩いて隣の家に行った。Hさんはこの場所が気に入り、何度もこの辺りに通ううちに知り合いが増えていった。お隣りさんとも親戚のような関係になっていて、それまで住んでいたマンションからこの近くのアパートに引っ越してきた際に、これは使いたいという家財道具を厳選して、そのお隣さんの蔵に置かせてもらっているのだ。昔ながらの土壁をした農家の蔵には、それくらいの空間的な余裕があるのだ。

 

蔵の奥に、段ボールが積まれた一角があり、その下に大きなダイニングテーブルが置いてあった。それは、幅が二メートルを超えるアフリカ欅のテーブルであり、フェアトレードのやり方でHさんが特注したお気にいりの家具である。


ハーフビルドの家づくり_e0029115_10530350.jpg
ハーフビルドの家づくり_e0029115_10531175.jpg


 すっかり丸裸にされた庭の所々に、紫色の紐を結えた樹木が立っていた。

 花梨や柘榴の実をつけた樹木が、久しぶりの夏空の下で勢いよく茂っている。



ハーフビルドの家づくり_e0029115_10525136.jpg


 お隣に歩いて行く二つのツナギ姿。

 背中から共通の目的感みたいな雰囲気が漂っている。良い感じである。


「この紐をつけた木は残そうと思っていて・・・そんな木が東側の方が多いから、駐車場は西側にしたいんです。だから、間取りもすこし変えてもらえますか?」という話になった。

「OK。そのようにしましょう。ところで、有機農業をやっている彼らは今日は?」と訊くと、

「さっきまで近くで作業してたらしんですが、今は別の畑に行ってるらしくて・・・」


ハーフビルドの家づくり_e0029115_10532041.jpg

 車に乗って、丸裸の庭で切り返し道路に出ると、道向かいの田んぼで有機農業で使う緑肥が太陽に輝いていた。その向こうで入道雲が湧きあがろうとしている。若きファーマーに会うのは、次回の楽しみとなった。



※ ただ今、家づくり相性診断をご利用の方に小冊子『広場に出よう』をプレゼント中です! これからの時代にふさわしい人生を前向きに生きる住まいづくりに興味のある方は、ぜひ家づくり相性診断をご利用ください。
[ メールでのお問い合せは ]

coa@protohouse.net


[ 『家づくりガイド』がもらえる〝家づくり相性診断〟は ]

家づくり相性診断


[ LINEお友達登録は ]
友だち追加



● 戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーションなどの家づくり、クリニック、
  shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせください029.gif

  0120-2610-83
  coa@protohouse.net
















「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで



地鎮祭もソーシャルディスタンスで。_e0029115_16034860.jpg

インクルーシブデザイン/社会の課題を解決する参加型デザイン
(桑原あきら/共著)

発行/学芸出版社 価格/2,300円+税

Amazon.co.jpにてご注文いただけます

誰かのためのデザインから、誰もが参加できるデザインへ。

子ども、高齢者、障がい者などマイノリティだと考えられてきたユーザーをデザインプロセスに積極的に巻き込み、課題の気づきからアイデアを形にし、普遍的なデザインを導く「インクルーシブデザイン」。
これからの「ものづくり」と「デザイン」の実践例を多数収録。家づくりにもこの視点が大切です!
デザイナー、エンジニア、建築家、プロダクトメーカー、必読。

プロトハウス事務局代表の桑原あきらも共著者として参加しています。 



by norikon23 | 2021-08-26 11:47 | 進行中の家づくり