人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

プロトハウス通信 - Stedsans[ステッドサンス]-

プロトハウス事務局から贈る〝住まいは人生を変える最高の道具〟というメッセージ。 


by protohouse
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

外観は誰のため?

久留米市で進行中の建物『カフェライフハウス』の外観が徐々に見えてきました。
南側はガルバリウムの縦ハゼになっています。
外観は誰のため?_e0029115_08083630.jpg
この上なくシンプルです。


屋根もガルバリウム縦ハゼなので、屋根から外壁にかけて南側と
北側をガルバリウムの縦ハゼがグルっと包み込むようなデザインにしているのです。
カラーは銀黒。私たちがスタンダードに用いる色。とてもシックです。

外観で気をつけたいのが、形状も素材もシンプルにして色使いがシックなこと。
これだと、ゴチャゴチャとした街並みにも、大自然の只中にも、
とても自然に馴染んでくれます。

外観は誰のためにあるのでしょうか?
もちろん、ライフスタイルを表現したい自分のためです。
でもそれだけではちょっと違うように思います。

外観は街の景観を形作るいろんなファクターの中の一つ。
社会的であり、公共性を帯びた存在でもあると考えるのです。

外観をきちんと考え、そこに相応しいデザインにして配置するのは、
そこに暮らす人にこそできる主張のある礼儀です。

その結果、美しい街並みが形成されていけば、地域にとって、
そして、国土にとっても、とても素敵なことではないでしょうか?

京都や奈良、飛騨、倉敷、そして今でも日本のそこかしこに残る古い宿場町には
歴史的保存地区がありますが、これなどはまさに歴史や良識によって社会に
開かれた美しい外観が連なるステッドサンス(場所の感覚)に満たされたスペース
なのだと思います。

スウェーデンやデンマークなどの北欧の、色彩と形状にデザイン感性に基づく
一つの約束事が込められた美しい街並みを想像してください。

そこには長い冬を楽しみ、厳しい自然にやさしい気持ちで向き合うための
木質でカラフルな風景が広がります。

もちろん日本らしさを大切にすることも大切ですから、
世界に誇る森林大国である日本ならではの木を使ったデザインにすることも
私たちは大切にしています。
外観は誰のため?_e0029115_08084498.jpg
今回は、東側と西側の外観に焼杉を採用したのですが、
これは耐久性とシックなカラーリング、そして日本らしさという点で、
モダンなガルバリウムとの相性も抜群なのではないかと思います。

たかが外観、されど外観です!
美しい我が家、美しい街並みづくりのために外観デザインをしっかり考えたいものです。


プロトハウス事務局のサイト→protohouse.net
フリーダイアル→0120-2610-83
メール→coa@protohouse.net


[ メールでのお問い合わせは ]
メール問い合わせ

[ お電話でのお問い合わせは ]
電話問い合わせ



※ ただ今、家づくり相性診断をご利用の方に小冊子『広場に出よう』をプレゼント中です! これからの時代にふさわしい人生を前向きに生きる住まいづくりに興味のある方は、ぜひ家づくり相性診断をご利用ください。
[ メールでのお問い合せは ]

coa@protohouse.net


[ 『家づくりガイド』がもらえる〝家づくり相性診断〟は ]

家づくり相性診断


[ LINEお友達登録は ]
友だち追加



● 戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーションなどの家づくり、クリニック、
  shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせください029.gif

  0120-2610-83
  coa@protohouse.net
















「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで



地鎮祭もソーシャルディスタンスで。_e0029115_16034860.jpg

インクルーシブデザイン/社会の課題を解決する参加型デザイン
(桑原あきら/共著)

発行/学芸出版社 価格/2,300円+税

Amazon.co.jpにてご注文いただけます

誰かのためのデザインから、誰もが参加できるデザインへ。

子ども、高齢者、障がい者などマイノリティだと考えられてきたユーザーをデザインプロセスに積極的に巻き込み、課題の気づきからアイデアを形にし、普遍的なデザインを導く「インクルーシブデザイン」。
これからの「ものづくり」と「デザイン」の実践例を多数収録。家づくりにもこの視点が大切です!
デザイナー、エンジニア、建築家、プロダクトメーカー、必読。

プロトハウス事務局代表の桑原あきらも共著者として参加しています。 


by norikon23 | 2022-05-22 08:09 | 進行中の家づくり