人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

プロトハウス通信 - Stedsans[ステッドサンス]-

プロトハウス事務局から贈る〝住まいは人生を変える最高の道具〟というメッセージ。 


by protohouse
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

『糸島の森』プロジェクトの基礎工事が進行中です。


〝怪しい場所〟なので、確認申請が降りるまでかなりの時間がかかって
おりました『糸島の森』プロジェクト。
その家づくりが、ようやく基礎工事に入りました。

『糸島の森』プロジェクトの基礎工事が進行中です。_e0029115_12201326.jpg
なぜ〝怪しい場所〟なのか? それは、このなんだか巨大にも見える丸い基礎の姿にも
どこかで通じているお話なのです。
その答えを知るヒントは「森」、「こんもり」、「手付かず」という3つのワード。
そう、この場所で家を建てるには埋蔵文化財があるかどうかを見極める必要が
あったのです。

埋蔵文化財! これは、魏志倭人伝に記された伊都国の最有力候補地であり古代遺跡
が点在する糸島あるあるのお話です。
私が最初にこの森と出会ったときに受けた第一印象もまさに「これは、あるな!」と
いう確信的直感で、森の真ん中辺りがこんもりと盛り上がったカタチは、な、なんと古墳その
ものではないか! と、私の心の目は感じていたのでした。
しかもこの場所の地名は〝神在(かみあり)〟。読んで字の如く、ここに神在り! なんです。
歩いて数分の神在神社のそばには宇宙人が運んできたのか、古代の人々が月明りを頼りに
祈祷を行っていたのか、果てしなく遠大な空想を抱かせる神石(かみいし)なる巨石が
デンと鎮座。
だからこそ、掘りたくない、掘りたくない、掘って円墳が出てくる瞬間を目の当たりに
したくない! と関係者の誰もが願っていたのです。

そこで、敷地を掘ることなく、こんもりと盛り上がった頂点を埋めるような形で
造成を行い、途中で敷地に入れる土が足りなったので土を求めて東奔西走し、ありがたくいただいた
土を運んでは叩き固め、必要なだけの平坦部分を確保してベタ基礎を打つことで、
おそらくはこの足元に眠っている古代遺跡に触れることなく、家を建てる算段を行って
糸島市役所の埋蔵文化財課とも話をつけて、今日を迎えることができたのです、ふ〜。

というわけで、この巨大な丸い基礎が、わたしの目には円墳に見えて仕方ないのです。
見れば見るほど、まさに円墳の上に円盤状の家を建てるかのようです。
とすれば、この家は古代と未来を、さらには地球と宇宙をつなげるステーションに他なりません!

基礎工事は始まったばかり。配筋工事が進んでおります。

『糸島の森』プロジェクトの基礎工事が進行中です。_e0029115_12202455.jpg
それにしても、この円盤のような家は、なぜこのようなカタチになったのでしょうか?
それはデザインをしたわたしにもわからないのです。
偶然か必然か。一つだけ間違いないのは、何者かがわたしの手を取って自由に
空想の筆を走らせたのです。ということは、おお、なんということでしょうか!
ここにも神在り! 神様の見えざる手が働いていたのでしょうか?

『糸島の森』プロジェクトの基礎工事が進行中です。_e0029115_12203484.jpg
わたしの中に降りてきた宇宙ステーションのような丸いこのカタチ。
と、今日のところは、まずはここまで。実は、このリトリートのような住まいは円だけではなく、
もっと多様な形をもインクルード(含んで)しているのですが、
そのお話は、間もなくお目にかかる棟上げのときに譲ることにいたします。

                                    プロトハウス事務局 桑原あきら

                           



ーーーーーーーーーーー


[ メールでのお問い合わせは ]
メール問い合わせ

[ お電話でのお問い合わせは ]
電話問い合わせ



※ ただ今、家づくり相性診断をご利用の方に小冊子『広場に出よう』をプレゼント中です! これからの時代にふさわしい人生を前向きに生きる住まいづくりに興味のある方は、ぜひ家づくり相性診断をご利用ください。
[ LINEお友達登録は ]
友だち追加


● 戸建住宅の新築やリフォーム、マンションリノベーションなどの家づくり、クリニック、

  shopなどのご相談はプロトハウスまでお気軽にお問い合わせください029.gif

  0120-2610-83
  coa@protohouse.net
















「本当にあった家づくりのコワ〜イ話」(桑原あきら (著)/ニューハウス出版 )☆
※家づくりで実際に起こったコワーイ話しを紹介するとともに、そのようなことにならないような具体的なアドバイスを記載。とっても読みやすく、これから家を建てようかな?と思っている方にはぜひお勧めの一冊です☆

アマゾンサイトでのご購入はこちらまで



地鎮祭もソーシャルディスタンスで。_e0029115_16034860.jpg

インクルーシブデザイン/社会の課題を解決する参加型デザイン
(桑原あきら/共著)

発行/学芸出版社 価格/2,300円+税

Amazon.co.jpにてご注文いただけます

誰かのためのデザインから、誰もが参加できるデザインへ。

子ども、高齢者、障がい者などマイノリティだと考えられてきたユーザーをデザインプロセスに積極的に巻き込み、課題の気づきからアイデアを形にし、普遍的なデザインを導く「インクルーシブデザイン」。
これからの「ものづくり」と「デザイン」の実践例を多数収録。家づくりにもこの視点が大切です!
デザイナー、エンジニア、建築家、プロダクトメーカー、必読。

プロトハウス事務局代表の桑原あきらも共著者として参加しています。 



by norikon23 | 2022-07-21 13:35 | 進行中の家づくり